読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク辞めるためにブログ書く

アイドルオタクを辞めたいアイドルオタクのブログ。私立恵比寿中学のオタクです。

最強の8人

「最強の8人」とは、言うまでもないですが私立恵比寿中学ですね。




ところで、Twitterでアイドル用のアカウントを作ってから、オタクが「たすたすは面白くないから見ない」とか「フリーライブで糸電話企画なんかやってどうするんだ」とか、不満を漏らすのを見るようになりました。


人それぞれなので、そういう感想はあって当然です。全くもって否定はしません。むしろ全く不満がないという方が不自然です。


が、自分にはそういう不満がほとんどありません。自分にとって、エビ中がやっている企画や番組は面白いとかつまらないとか、そういう次元ではないんです。確かに、たすたすはあんまり面白くないし、糸電話企画なんてクソほどしょうもない企画だったと思います。


ただそこに不満を感じないんですよね。

面白さなんかどうだっていい!!そこに8人がいてくれれば、それだけで心落ち着くんです!!それだけで日々の疲れが癒されるんです!!


もはや「オタク」なんて甘いものじゃなく、「信者」っていうレベルですよね。


今描いているこのブログの名前も「オタク辞めるためにブログ書く」なんてもんじゃなくて、「エビ中信者の日々の感想ブログ」とかにした方がいいですよね。




、、ただ、このように幸せを感じているときの表情については考えておりません。残念ながら表情まで管理できるほど大人ではありません。


画面が暗転したときの自分の顔は口角が上がり、眉毛が八の字になり、顔全体が真っ赤になって見るに耐えません。自分自身がこう感じているのですから第三者から見たらゲテモノのようなのでしょう。




はじめに、「ほとんど」不満がないと言ったのには、ちゃんと訳があります。散々幸せがどうこう言っておいて申し訳ないのですが、1つだけ、、、


これはブラックタイガーの「オトナノベル撮影裏側」みたいなタイトルのムービーです。これは小林さんが、布団のようなところに座ってただひたすら喋り笑い続けるという推しにとっては堪らない動画、なはずです。が、これだけは耐えられなかったですね。


前半は「可愛いなあ」とか「楽しそうでなによりだな」とかそんな感じですが、後半は「一体なにを見せられているのだろうか」とか「この動画を見て自分はどうすればいいのか」とか、よくわからないことを考えてしまって途中で停止してしまいます。



このムービーを最後まで見ることができるファミリーがいたら、その人はもう自分にとって「教祖」ですね。いや「師匠」ですかね。